海外ビジネスコンサルティング

サービスの特徴

M&AとはMergers and Acquisitionsの略で、直訳すると企業の合併と買収のことを言います。
例えば、規模の拡大によるコストメリットの獲得、事業開発時間の短縮、顧客基盤の獲得、技術・ノウハウの獲得、優秀な人材の確保、設備投資資金の獲得、事業承継など、M&Aを選択する企業の目的は多岐に渡ります。
弊社は、M&Aを幅広く「企業提携」と捉え、日本国内および日本とアジア諸国間の企業提携を円滑に行うためのコンサルティングを行っています。

 国内外のM&Aの概況

M&Aは対象企業の国籍によりIN-IN(国内企業が国内企業を買収)、IN-OUT(国内企業が海外企業を買収)、OUT-IN(海外企業が国内企業を買収)の3つのパターンが存在します。国を跨ぐIN-OUT、OUT-INをクロスボーダーM&Aと言います。

2012年、世界では8,300件を超えるクロスボーダーM&Aが実施されたと報告されています。そのうち、日本が投資国となるIN-OUTは480件以上実施され、500億ドル以上の資金移動が行われています。また、日本が被投資国となるOUT-INは130件以上実施され、130億ドル以上の資金移動が行われました。

IN-OUT、OUT-IN共に前年と比較すると金額は減少したものの、案件数は増加しています。日本によるIN-OUTの投資金額は世界で4番目の多さで、日本は世界的に見て対外投資の活発な国と言えます。

Pagetop

 企業戦略としてのM&A の活用

現時点で、企業提携によってしか創り出せない価値が存在すると考えられる場合に活用する経営手法がM&Aです。

例えば企業後継者がいない場合には、将来的な企業価値は0になってしまいますが、他社が後継企業として引継いだ場合、その企業価値は損なわれず、現時点以上のプラスを生み出す可能性もあります。言い換えれば、M&Aによりその企業単独では創り得ない価値を他社との連携によって生み出すことになります。

日本テピアは国内外のグループ会社とネットワークを動員して、新たな事業パートナーの選定を国内のみならずアジア諸国まで対象を拡げ、より多くの企業価値創出お手伝いをしています。

Pagetop

 日本テピアのM&Aアドバイザリーの特徴

豊富な情報量

弊社は国内外において産官学のネットワークを豊富に蓄積しており、日次単位でグループ会社及び各関連機関との情報交換を行っています。また、東京、大阪、上海、北京、ハノイ、バンコク、ニューデリー等から収集された国内/クロスボーダーM&Aのニーズを日々更新しています。このようにして蓄積された膨大な情報をもとに、よりスピーディーにマッチング支援をいたします。

高いターゲット選定力

統合後の事業展開をより確かなものにするためには、ターゲット企業の選定が非常に重要です。弊社は現在までに行ってきた多数のマーケティングリサーチ、貿易業務、経営コンサルティング業務、M&A支援の経験から、アジア企業の信用性、信憑性を判断するためのノウハウを有しており、より友好的なターゲットをグローバルな視点から選定いたします。

アジアビジネスに精通した人員

弊社では日本、中国、韓国、モンゴル、タイ、ベトナム、インド、ネパール、バングラデシュ等アジア諸国の商習慣、企業戦略、文化、言語に精通した人員を日本、中国、ベトナムに配置しています。弊社がカバーすることができる地域は今後も積極的に拡大していく方針です。クライアント企業様の多様な海外ニーズに応えるべく、弊社は絶えず進化いたします。

Pagetop

 お問い合わせ

テピア・インベストメント株式会社
【TEL】03-6403-5880